創業資金のお悩み無料相談受付中!

相談事例Q&A

ご相談事例Q&A形式でご紹介いたします

最新セミナー情報

相談事例

2021.12.01
富士市の方より創業融資についてのご相談

Q日本政策金融公庫の創業融資の審査に落ちてしまいました。再チャレンジは可能でしょうか。税理士の先生に相談したいです(富士市)

はじめまして。私は富士市で人材育成のコンサルティング会社を立ち上げた40代の女性になります。
大手企業の人事部でキャリアをつんだこともあり、地元の富士市で中小企業向けの人材育成業務を中心としたコンサルティング会社を運営することにしました。
創業に当たり日本政策金融公庫の創業融資を申し込みましたが、残念ながら融資を受けることができませんでした。
当時は時間に余裕がなく、準備も付け焼刃になってしまったため非常に後悔しております。
固定客も確保でき、事業計画もきちんと整ったため、再度チャレンジしたいと考えているのですが、そもそも2度目の申し込みは可能なのでしょうか?
もしチャレンジできるのならば、次は税理士の先生に相談したいと思っています。(富士市)

A 日本政策金融公庫の創業融資は、再度の申し込みが可能です。半年程度時間をおき再チャレンジしましょう。

たとえ前回の申し込みにおいて審査が通らなかったとしても、日本政策金融公庫の創業融資は再申請が可能です。
ただしなにかしらの原因があったため創業融資に落ちたわけであり、すぐさまそのことを改善するのは難しいうえ、審査する側もそのようにとらえているでしょう。
そのため再申請提出には半年程度空けなければならないとされています。

再審査に臨むあたり大切なのは「前回審査が通らなかった原因をしっかりとつかむこと」です。
主に審査を落ちてしまう原因として考えられるのが、1.信用情報に問題がある2.自己資金不足3.創業計画書の内容が現実的ではない、です。
正直なところ1については半年程度で回復するのは難しいのですが、原因が2、3の場合、再申請であっても通る可能性は十分にあります。
特に創業計画書については、どのような点が審査のポイントであるかをノウハウとして蓄積しておりますので、ぜひお気軽にご相談ください。

また、相談者様は実際に業務が開始して実績を上げることができているようなので、そのこともアピール材料となるはずです。
きちんと自己資金を確保し、創業計画が決して実現不可能な内容ではないことをしっかりと伝えられれば、審査する側の印象も前回とは異なるものになるでしょう。

沼津創業融資センターでは、富士市近郊で起業される皆様のサポートを行っております。
創業融資のサポートはもちろんのこと、会社設立などにも携わっておりますので、ぜひお気軽にご相談ください。
富士市の皆さまからのご連絡をおまちしております。

無料相談受付中!

0800-200-2848

創業資金調達サポートメニュー
  • 創業融資無料診断
  • 日本政策金融公庫融資サポート
  • 創業融資サポート
  • 補助金サポート
  • 助成金サポート
  • 事業計画書作成サポート
創業サポートメニュー
  • 株式会社設立サポート
  • 合同会社設立サポート
  • 決算・法人税申告サポート
  • 法人化診断サポート
  • 許認可申請サポート
  • 記帳代行サポート
  • 税務調査サポート
  • 税務・経営顧問サポート
その他コンテンツメニュー
  • 資金調達の基礎知識はコチラ
  • 「創業融資専門家コラム」はコチラ
  • コンテンツ一覧はコチラ
事務所情報
新着情報
PAGETOP