創業資金のお悩み無料相談受付中!

相談事例Q&A

ご相談事例Q&A形式でご紹介いたします

最新セミナー情報

相談事例

2021.09.03
伊豆の国市の方より創業融資についてご相談

Q:事業を始めるにあたり、創業融資の申請を自分でやるべきかどうか悩んでいます。その判断について司法書士の先生にお伺いしたいです。(伊豆の国市)

創業融資に強い事務所と聞き、今回ご相談させていただきました。

この度、地元である伊豆の国市で新たに事業を始めることとなりました。資本金や準備金については銀行からの融資を検討しているのですが、悩んでいるのがこの創業融資の申請を自分でやるべきかどうかということです。自分でもできないことはないのでしょうが、専門家に依頼したほうが安心確実なのでは?とも思っています。司法書士の先生、創業融資を受けるにはどちらのほうが良いのか、教えていただけると助かります。(伊豆の国市)

A:創業融資を確実に受けたいのであれば、融資に関する豊富な実績を有する専門家に依頼すべきだといえるでしょう。

この度は数ある事務所の中から当センターを選んでいただき、ありがとうございました。

ご相談者様のおっしゃる通り創業融資の申請はご自分で行うことはできますが、その場合には比較的融資が通りやすい日本政策金融公庫であったとしても、50%以下の融資実行率だといわれています。それゆえ、創業融資の申請において希望する融資額を確実に受けたいという方については、融資に関する豊富な実績を有する専門家に依頼することをおすすめしております。

創業融資を受けるにあたっては、融資を希望する金融機関の担当官との面談が必要になります。その際に融資をするかどうかの判断材料として挙げられるのが、「創業計画書の内容」「保証人および担保力」「自己資金」「事業主の能力・人柄・経歴」です。

なかでも「創業計画書」は担当官がもっとも重視するものであり、計画書の内容の良し悪しで融資が決まるといっても良いでしょう。創業計画書に記載する内容については以下の通りになります。

  • ・動機および目的
  • ・将来の展望(目標)
  • ・仕入計画および資金計画
  • ・売上予測
  • ・収支計画および返済計画

担当官は上記について記載された計画書をもとに判断を行うため、いかに印象付けられる内容に仕上げられるかが重要になります。専門家に依頼すれば創業融資を申請するうえでの注意点だけでなく、創業計画書などについてもアドバイスが受けられるため、好条件かつ高確率でスムーズな融資を受けられることでしょう。

伊豆の国市ならびに伊豆の国市近郊の皆様、創業融資をご検討の際は地域密着でサポートしております沼津創業融資センターまで、まずはお気軽にご相談ください。沼津創業融資センターでは、創業融資を得意とする専門家による創業融資無料診断や初回無料相談も行っております。どんなに些細なことでも、まずは私どもにお話をお聞かせください。スタッフ一同、伊豆の国市ならびに伊豆の国市近郊の皆様からのお問い合わせを心よりお待ちしております。

無料相談受付中!

0800-200-2848

創業資金調達サポートメニュー
  • 創業融資無料診断
  • 日本政策金融公庫融資サポート
  • 創業融資サポート
  • 補助金サポート
  • 助成金サポート
  • 事業計画書作成サポート
創業サポートメニュー
  • 株式会社設立サポート
  • 合同会社設立サポート
  • 決算・法人税申告サポート
  • 法人化診断サポート
  • 許認可申請サポート
  • 記帳代行サポート
  • 税務調査サポート
  • 税務・経営顧問サポート
その他コンテンツメニュー
  • 資金調達の基礎知識はコチラ
  • 「創業融資専門家コラム」はコチラ
  • コンテンツ一覧はコチラ
事務所情報
新着情報
PAGETOP