創業資金のお悩み無料相談受付中!

相談事例Q&A

ご相談事例Q&A形式でご紹介いたします

最新セミナー情報

伊豆の国市で創業融資なら沼津創業融資センター

融資支援制度(創業融資)

事業を始めるためには、資金が必要になります。
資金調達の方法には自己資金など色々な方法がありますが、会社が受けられる支援として創業融資支援制度があります。
事業を開始した会社だけが受けられる融資で、一定の場合には無担保・無保証でお金を借りることができます。
伊豆の国市にお住まいの方が事業を開始する場合には、必要に応じて創業融資の制度を利用するようにしましょう。

融資制度機関

融資を行う機関としては、次の3つが挙げられます。

①日本政策金融公庫の融資
②地方自治体の融資
③信用金庫や銀行の融資

事業を開始するにあたり、伊豆の国市のお住まいの多くの方は①の日本政策金融公庫から借り入れを行います。
主な理由としては、下記の3つです。

・一定の要件を満たせば、金融機関よりも融資がおりやすい。
・「新創業融資制度」を活用すると、無担保・無保証で融資を受けることができる。
・一般の金融移管よりも利率が低く設定されている。

日本政策金融公庫は、「新創業融資制度」の他にもほとんどの業種の中小企業に対して行っている普通貸付もあり、積極的に利用しましょう!

創業融資を受けるためのポイント

伊豆の国市の方が創業融資を受けるためには、いくつかのポイントが重要です。
ここでは確実に創業融資を受けるためのポイントをご紹介します!

①ポイントを押さえた「創業計画書」の作成

創業融資を受けるためには、「○○円程度あれば運営していくことができます。」という曖昧な計画では意味がありません。
融資を希望する額と根拠のない返済計画では、どこの法人に対しても金融機関はお金を貸してくれません。
明確な根拠と返済計画を立てるには、綿密な経営計画を立てる必要があります。
そして、融資を受けるための経営計画ではなく、経営計画の結果で融資を受けることが大切です。

②必要資金の3分の1は自己資金が好ましい!

事業を開始するためには、まとまった資金が必要になります。
設備・備品等の購入や事務所賃借等にかかわるイニシャルコスト、人件費等のランニングコストはかかります。
必要資金が900万円の場合、自己資金が300万円以上あると、融資が受けやすくなります。

③面接は毅然とした態度でのぞむ!

日本政策金融公庫の担当者との面接では、あなた自身が事業にかける想い、経歴、事業計画が主に聞かれます。
あなた自身の言葉で、偽ることなく、毅然とした態度で対応しましょう!

伊豆の国市で創業融資なら沼津創業融資センターへ!

当センターは、これまで伊豆の国市にお住まいのお客様の創業融資を支援してきました。
弊社には多くのノウハウが蓄積をされているので、高い融資実行率を誇ります。
伊豆の国市で創業融資についてお悩みの方は、当センターへお気軽にご相談下さい。

無料相談受付中!

0800-200-2848

創業資金調達サポートメニュー
  • 創業融資無料診断
  • 日本政策金融公庫融資サポート
  • 創業融資サポート
  • 補助金サポート
  • 助成金サポート
  • 事業計画書作成サポート
創業サポートメニュー
  • 株式会社設立サポート
  • 合同会社設立サポート
  • 決算・法人税申告サポート
  • 法人化診断サポート
  • 許認可申請サポート
  • 記帳代行サポート
  • 税務調査サポート
  • 税務・経営顧問サポート
その他コンテンツメニュー
  • 資金調達の基礎知識はコチラ
  • 「創業融資専門家コラム」はコチラ
  • コンテンツ一覧はコチラ
事務所情報
新着情報
PAGETOP