創業資金のお悩み無料相談受付中!

相談事例Q&A

ご相談事例Q&A形式でご紹介いたします

最新セミナー情報

富士市で創業融資なら沼津創業融資センター

200~1000万円程の創業融資を受けるためには、きちんとした準備が大切です。
このページでは、富士市で創業融資を受けようとする方に対して、創業融資を税理士に依頼するメリットについてお伝えします。

創業計画書とは

創業計画書とは、これから富士市にお住まいの方が事業を行うに際して、その内容やこれまでの経験、仕入先や取引企業、借金の有無、収益がどのくらい見込めるのかを文章や数字にして記入する書類です。
日本政策金融公庫の場合、わずかA3用紙1枚の書類ですが、これは日本政策金融公庫があなたへ融資するかどうかを見極める大変重要な書類です。しっかりと事前準備をしてから、融資の審査を受けましょう!

富士市にお住いの方が創業融資を税理士に頼むメリット

富士市にお住まいの方が、創業融資を公認会計士や税理士等の専門家に頼むメリットは大きく分けると3つあります。

①税理士や公認会計士は財務書類作成の専門家!

税理士は多くの中小企業の資金繰りを見ており、最新の税法にも詳しく、損益計算書や貸借対照表といった決算書が作成できる専門家です。
また、似た士業で公認会計士もあります。公認会計士はより広い範囲での業務として、監査や経営コンサルを主に行っていますが、いずれも財務のスペシャリストです。

これらの士業が創業融資へ参入する本格的な引き金となったのは、「認定支援機関」の創設から始まりました。
本当であれば創業融資を受けられる事業にも関わらず、創業計画書の書き方が分からず、融資の審査で落とされてしまう・・・このようなケースが頻発したため、経済産業省・財務省は税理士や公認会計士に「認定支援機関」という認定を与え、融資コンサルを受けてから創業計画書を作成することを推奨しています。

②公認会計や税理士には、創業融資に関するノウハウが蓄積されている!

公認会計士や税理士の全てが、創業融資について詳しいわけではありません。試験に受かっただけの先生方も多くいらっしゃいます。
しかしながら近年、欧米諸国よりも格段に低い日本の起業率を危惧し、起業に対する支援を増やしていることもあり、創業融資に詳しい専門家が増えてきたのが現状です。
創業融資に詳しい専門家かどうか判断をする一つの目安は、融資実行数です。融資実行数が多い専門家ほど、創業融資に関するノウハウが蓄積されており、融資の審査がおりる可能性も高くなるわけです。

③一般の方には複雑な専門用語

創業計画書のフォーマットを一読すると、そこまで記入するのは難しくない印象を受けます。
しかし、実際に記入ようとすると、「設備資金って何?」「運転資金っていつから使うのお金?」「自己資金30万円でも大丈夫?」「他社から借金があるけど、正直に書くべき?」など、日ごろ聞きなれない言葉が多く出てくるため、どう書けば良いか迷ってしまう方が大半です。
そこで、専門家と事前にしっかりと打合せを行い、創業計画書を作成するようにしましょう。

富士市で創業融資なら沼津創業融資センターへ!

当センターは、これまで富士市にお住まいのお客様の創業融資を支援してきました。
弊社には多くのノウハウが蓄積をされているので、高い融資実行率を誇ります。
富士市で創業融資についてお悩みの方は、当センターへお気軽にご相談下さい。

無料相談受付中!

0800-200-2848

創業資金調達サポートメニュー
  • 創業融資無料診断
  • 日本政策金融公庫融資サポート
  • 創業融資サポート
  • 補助金サポート
  • 助成金サポート
  • 事業計画書作成サポート
創業サポートメニュー
  • 株式会社設立サポート
  • 合同会社設立サポート
  • 決算・法人税申告サポート
  • 法人化診断サポート
  • 許認可申請サポート
  • 記帳代行サポート
  • 税務調査サポート
  • 税務・経営顧問サポート
その他コンテンツメニュー
  • 資金調達の基礎知識はコチラ
  • 「創業融資専門家コラム」はコチラ
  • コンテンツ一覧はコチラ
事務所情報
新着情報
PAGETOP